第24回アジアプランニング技術発表会

最終更新: 4月16日

「第24回アジアプランニング技術発表会」を開催しました。

本会は、社員の技術力研鑽と部署間の技術情報の共有を目的として、平成2年を皮切りに28年続く社内の恒例行事です。(技術発表会の歩み

第24回目となる今回の技術発表会は、アジアプランニングからは10月25日に開催される農業農村工学会九州支部第99回講演会の演題を中心として、また、テクノコーポレーションからプライバシーマークの取得について発表がありました。


○第24回アジアプランニング技術発表会概要(講演集) 【日時】平成30年10月19日 13時30分~17時 【会場】熊本県測量設計コンサルタンツ協会 【発表】口頭発表7編、委員会等報告2編


1.開会


 代表取締役社長 本口 晴年


2.技術発表


環境計画部 環境計画課 荒川 浩成

「農業水利施設における外来種対策のあり方について」


農村計画部 農村計画課 長崎 英一

「排水改良に伴う機械利用効率の向上効果について」


設計部 設計1課 田中 秀

「大切畑ダム取水トンネルの現地調査と変状要因の推定」


設計部 設計1課 鹿田 哲

「地震を受けた排水機場の機能診断調査と課題」


補償事業部 中村 稔人

「プライバシーマークの取得について」


情報システム部 田島 英樹

「災害時の3次元地上レーザスキャナの活用~大切畑ダム(ため池)~」


代表取締役社長 本口 晴年

「大切畑ダム(ため池)における深浅測量(自律航行ラジコンボート)の取り組みについて」


3.その他


設計部 設計2課 橋口 龍太郎

「リスク管理委員会の運用及びお知らせ」


環境計画部 環境計画課 長田 勝

「成果品の品質向上に向けて」


4.総評


技術指導委員会 光江 賢一


5.閉会


実行委員 上原 淳史


開会: 代表取締役社長 本口 晴年
農業水利施設における外来種対策のあり方について
排水改良に伴う機械利用効率の向上効果について

大切畑ダム取水トンネルの現地調査と変状要因の推定
地震を受けた排水機場の機能診断調査と課題

まずはお気軽にご相談下さい

​096-372-6440

(総務部)
電話またはメールにてお問い合わせ下さい

技術情報

私たちが提供するサービスとソリューションについて紹介しています。

採用情報

アジアプランニング株式会社では一緒に働く仲間を募集しています。

社会貢献

地域に根付いたコンサルタントを目指し社会貢献活動に参加しています。

会社案内

代表挨拶や概要、組織等会社の基本情報について紹介しています。

Asia Planning  Co.,LTD. 

〒862-0970 

熊本市中央区渡鹿7丁目15番28号

​096-372-6440

© Asia Planning  Co.,LTD. All Rights Reserved.

ホームページ運用規程